バカと付き合うな

スポンサーリンク
5冊目!
昨年2月に読んだ本。再読。
この本をきっかけに
昨年からちょこちょこ
読書するようになった。

普段、
悩みがなくて
ポジティブ思考で
勢いで何でもできる性格で
だからきっとこの本を
手にとったことに何か意味が
あったんじゃないかと
1年経った今、気がついた。

悩んでたんだなと

この本、今読むと面白いんです。
一コマ漫画の様にイラストに
全て表されてるバカがいて
その解説を西野さんと堀江さんがする

でも1年前、泣きながら読んでた😂

自分の思考の中でなんかモヤモヤするけど考えても解決しない
奪われていた時間を
言語化してくれたお二人
そんな救いの本に感じたんだと思います

堀江さんはこの本を
今まで関わった本の中で
もっとも普遍的な内容
時代を超えた人間の本質を
描いたと言っています

攻撃的な言葉(バカ)
を使っていながらも
なぜそういう言葉を使っているのか文脈読めばわかります

そしてラストは自分もバカ
西野さん堀江さんお互いもバカと言い合い 解説もしています

私もお二人の様なバカを
目指したい

この1年でほんの少しだけ
前進したけど
これからの1年は
比べモノにならないくらい
前進できる気がする

今までの挑戦の中で
1番ワクワクしてるから

この思い込みが確信に
変わるまで
あと295冊(笑)
300冊読書
スポンサーリンク
mikiをフォローする
House of candy