佐藤可士和の打ち合わせ

スポンサーリンク
16 冊目

今の仕事に打合せはほぼ無いのですが
佐藤さんの仕事の進め方
思考が気になり手にした本

打合せのクオリティを上げれば
仕事は大きく変わる。
効率が上がり、
無駄がなくなる。

一つ一つの打合せを試合であり
本番にすることで質の高い打合せを可能にする

転機が携帯デザインをする
大手とのプロジェクトだった

今までは徹夜したり
一気に短距離で走り込む
やり方だったのが

長期でじっくりと
仕事を積み上げていくやり方を学び

今30を超えるプロジェクトが
無理なく動いている
それを可能にしたのが
最高に質の高い
打ち合わせを重ねているから

近年、大事になっていく
「共創」
今まで考えなかったような
分野の方とも
議論し知恵を出し共に
新しい物事を創っていく
その為に日頃の打ち合わせが
もっと重要になっていく

今思えば前職(車の設計士)は打ち合わせが
プロジェクトや社内、社外でも違う為沢山ありましたが
そんな打ち合わせについてなんてこなすのが精一杯で
何も考えてなかった

その中でも時間かけた割に
前進してない
ものから初めから決まってる数で
スムーズに進む打ち合わせまで
質が全然違った
メンバーに腕のいい
ファシリテーター
がいたからなんだなと
改めて思いました
(自分、だだの給与泥棒😂)
300冊読書
スポンサーリンク
mikiをフォローする
House of candy